ひまわりの様に、     明るく、元気に・・・ネ!


by maririen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:cooking( 2 )

☆ お味噌 ☆
味しいお味噌を、作ってみませんか?
始めは、ちょっと面倒かも知れませんが、美味しいので、つい、また・・って事に・・・。

材料(出来上がり10キロ)
 
大豆・・・2キロ
米麹・・・2キロ
塩・・・・・700グラム
水・・・・・5リットル
アルコール(焼酎でも良い)

b0060799_207109.jpg水・・水道水でも良いのですが名水(?)カルキがないほうが良いような気がします。











b0060799_2084810.jpg大豆・・せっかく作るのですから、
無農薬のもので *^▽^*











b0060799_2011524.jpg道具です。












b0060799_20134642.jpg
では、作りましょう。
前夜に、豆を洗って水につけます。
3倍ほどに膨らみますので、水はたっぷり入れて下さい。








b0060799_20172366.jpg一晩、水を吸ってこんなに膨らみました。











b0060799_20183967.jpg先に、麹と塩を、混ぜておきます。手のひらで、つぶつぶが、無くなる様に丁寧に。
 その前に、容器と、手は、必ず丁寧に殺菌することを、お忘れなく!








b0060799_20211551.jpg圧力なべで、柔らかく炊きます。
(親指と薬指で、挟んでつぶれるぐらいの柔らかさ)
この時、この煮汁は捨てないで!
あとで使います。








b0060799_2026018.jpgマッシャーで、つぶします。寿司桶など、木製の容器がつぶし易いです。
この時も、殺菌は、必ず!
つぶし方は、豆が少しぐらい残っていても、それも美味しいですよ。








b0060799_20283125.jpgつぶした豆を、麹と塩の中に入れます。
(熱いから、気をつけて!)










b0060799_20311733.jpg手で、満遍なくよ~く混ぜて下さい。
これ位の団子を、作ります。
この時硬いようでしたら、煮汁を、足して(1カップ弱)調整して下さい。









b0060799_2035272.jpgタッパーの中に、団子豆を、放り投げて、丁寧に押さえて、空気を抜きましょう。
この時、空気が入っていると、カビの原因になります。
もちろん、容器の、殺菌は、お忘れなく!






b0060799_2037528.jpg団子豆を投げ入れ、押さえを、繰り返し全部入れたら、容器の内側を、アルコールで拭き殺菌します。特に、淵は、念入りに!
ラップにも、吹き付けて上から押さえます。







b0060799_20391071.jpg蓋をする前も、殺菌を、して下さい。
神経質位にしても、いいと思います。
このまま、夏の終わりごろまで冷暗所に置いて下さい。
開けた時、お味噌のいい香りがするか、真っ白のカビかは、空気と、雑菌ですから・・・・。






b0060799_2041850.jpg昨年作りました我が家の、お味噌です。
発酵を、止める為に丁度良い時期に小さな容器に移し、冷凍庫に保存してます。
固まらず、すぐに使えます。
香りも良く、美味しいですよ。
皆さんも、是非お試しください ませ。
\(^o^)/







味噌作りのコツは、 ☆良く混ぜる☆ & ☆殺菌☆ それだけです。


     ☆手前味噌  *^▽^*   でした☆


尚、このページは、私のHPから、引っ越してきました。
昨年、作ったものです。☆m( _ _ )m☆
[PR]
by maririen | 2005-02-05 20:50 | cooking
b0060799_18585757.jpg

大王島(大王崎にあるらしい^^;)で、石鯛を主人が釣ってきました。
46センチぐらいかなぁ。
料理は、私のしごと。
一節(4分の1)で、我家のお刺身が出来ました。
お刺身は、釣りたてより翌日の方が美味しいから・・また明日ね♪
では、皆様召し上がれ  \(^o^)/
b0060799_23154759.jpg



アラ煮もどうぞ
b0060799_2315820.jpg
[PR]
by maririen | 2004-11-20 18:38 | cooking