ひまわりの様に、     明るく、元気に・・・ネ!


by maririen
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

JR福知山線列車脱線事故(Ⅱ)

とうとう死者が、100名を越えてしまった。
こんなに残酷な別れ方をした家族は、どんなにか悔しく悲しい事だろう。
まだ、現状も把握できてなく、呆然としている家族にマイクをあてるインタビュアー・・・どうも、神経がわからなくて、腹立たしくおもいます。


23歳の運転手の事が、最初から気になってました。
息子と同じぐらいの年齢なので、余計に考え込んでしまった。
おそらく、小さい時から憧れた職業に、一生懸命頑張って、やっと運転手になれて、11ヶ月で、こんな事になろうとは、誰も予測できなかっただろう。
もちろん、運転してたのはこの青年だから、事故の責任はあります。
が、講習、認可したのは、JRであり、国ではないのだろうか。
この青年一人に、何百人の命を預けたのは、誰なの・・・。
運転して良いと、許可したのは誰・・・・

今朝は、友人とか、家族のインタビューが、放送されていた。
顔写真も大きく写っていた。
このお母さんが、我が息子の死に向き合って、
母として愛する息子の死を悲しむ事が出来るのは、いつになるのだろうか・・・。

事故原因を、早く解明してほしいと望んでます。b0060799_1338437.jpg


いつも、いつも、報道に疑問を持ってしまいます。
あの、コロッと今までの言っていた言葉を変えてしまう○○評論家とやらも、
無責任すぎると思います。
あの言葉で、何人もの人が傷ついていることでしょう。
[PR]
by maririen | 2005-04-28 13:34 | ☆彡